「雇用調整助成金.com」雇用調整助成金・雇用安定助成金について、企業および受講者に最適な研修プログラムをご提案。各種、教育・教育訓練・スクール様々なニーズにお応え致します。

雇用調整助成金.com 「雇用調整助成金」景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向をさせた場合に、休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を助成する制度です。弊社は、雇用調整助成金について企業様および受講者に最適な研修プログラムをご提案し、昨今の不況の波を皆様が乗り越えていくべくスキームをご提案、教育カリキュラム運営を行う企業です。
雇用調整助成金とは
雇用調整助成金とは、景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向をさせた場合に、休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を助成する制度です。
弊社は、雇用調整助成金について企業様および受講者に最適な研修プログラムをご提案し、昨今の不況の波を皆様が乗り越えていくべくスキームをご提案、教育カリキュラム運営を行う企業です。
対象となる助成金制度
雇用調整助成金内容
景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向をさせた場合に、休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を助成する制度です。
ページ先頭へ
主な受給要件
雇用調整助成金、主な受給要件
【改正】 生産量要件の緩和
急激な円高の影響により、生産量の回復が遅れている事業主の雇用維持を支援するため、次のいずれにも該当する場合にも対象となる要件緩和が行われております。
◆円高の影響により生産量が減少
◆直近3ヶ月の生産量が3年前の同時期に比べ15%以上減少
◆直近の決算等の経常損益が赤字
受給要件の変更
判定基礎期間とは、助成金申請の単位となる期間で、賃金締切期間と同じです。休業等を行う日の属する判定基礎期間の初日が平成23年7月1日以降の申請からは、判定基礎期間初日の前日において、被保険者期間が6ヶ月未満の労働者は助成金の対象となりません。
ページ先頭へ
雇用維持のメリット
雇用継続のメリット
ページ先頭へ
申請の流れ
申請の流れ
ページ先頭へ
助成金(雇用調整助成金・雇用安定助成金)を受給するためには、研修実施(教育訓練・スクール)の実績に基づき、毎月支給申請をする必要があります。 支給申請に必要な書類は弊社および提携社労士が作成・提出させて頂きます。詳細は、弊社までお問い合わせください。掲載されている金額は、概算ですので実際の助成金額とは異なる場合があります。